ブログ論 個人向け

副業がばれない確定申告の方法とは?住民税で会社バレを防ごう!

副業がバレる原因のうちの一つとして、住民税の変動によるものがあります。


でも実は住民税によるバレ対策があるんです。それは確定申告でとある方法を行うこと。
ここでは、副業がバレない確定申告の方法について説明していきます。

副業バレは住民税が原因??

これからどんどん会社が副業を解禁していく時代になりましたが、まだまだ会社では副業禁止にしているところも多いです。届出制にはなっているけど、誰もやっていないしとてもやれそうな雰囲気でもないなんて会社もあります。
そういう事情から会社には内緒で副業をしてバレないようにしていきたいと考えている方がたくさんいるわけです。
副業で年間20万円を超える所得があると「確定申告」をすることになります。
そうすると、所得が増えた(収入が増えた)わけですから、確定申告することで住民税が増えるわけです。その結果、本業の所得ではありえない住民税の税額となると、この人副業してる!?なんて気づくことになりバレることになります。
では、この住民税によるバレ問題ですが、実は確定申告の方法を工夫することで対策する方法があります。

副業がバレない確定申告の方法

これは、確定申告をする際に、確定申告表を作成するわけですが、その第二表の書類の下部にあります「給与所得以外の所得に係る住民税の徴収方法の選択」欄ので「自分で納付」を選択して、自分で住民税を支払うように手続きします。
自分で納付することで、副業分に係わる住民税については給与から天引きにならないようにできるわけなんです。こうすれば、会社には住民税が増えていることはわからなくなるんです。

確定申告書のどこを見ればいいの?

  • 確定申告表の第二表に注目
  • 下部の「住民税・事業税に関する事項」に注目
  • 住民税の欄の右のほうにある選択項目に注目
  • 「給与所得以外の所得に係る住民税の徴収方法の選択」で「自分で納付」にチェック!!

確定申告書の第二表

住民税・事業税に関する事項の該当拡大図

ルールを守ってバレない副業をしよう!

確定申告でバレない方法を説明しました。
この方法であれば、住民税で会社にバレることはまずありませんから安心してください。
しかも、納税のルールをしっかり守っているわけですから、税金でトラブルことも無いわけですから、しっかり手続きしていきましょう。
とはいえ、ベストは会社にも届出した上で、副業分の住民税は管理する上で分けて自分で支払うといったていで、自分で納付を選ぶのがいいはずですしスマートではありますね。
ただ、いろんな会社があり理解が乏しい会社であるのなら、副業バレのデメリットに恐れて副業しないよりも、バレない方法で副業するメリットが多いのであれば活用していきましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
daleyuki

ユキズ

月収5万円を稼ぐことに特化した超初心者向けのブログ運営術を発信しています!勇気を出して一歩踏み出そう!

-ブログ論, 個人向け
-,

© 2020 ユキズブログ【YUKIZ BLOG】